So-net無料ブログ作成
検索選択

目を酷使すると眼が悪くなる [視力矯正]

 「エー!!ウソでしょー。PCやゲームのやりすぎでみんな眼が悪くなってんジャン」って

 聞こえてきそうですが、この錯覚をよく理解しておかなければ、せっかく回復した視力をまた再低下させてしまうかもしれません。

視力低下の第一の原因は長時間同じところを見続ける事によってピントフリーズしてしまうところから始まります。




それは目のピント調節の筋肉を長時間固定してしまうために起こるのです。

目は自動焦点カメラのように視線を動かせば、無意識に対象物にピントが合うようにピント調節の筋肉を動かします。

逆に長時間同じところを見続けて視線をあまり動かさずにいると、ピント調節の筋肉が運動不足になり視力が低下するというのです。

人間の筋肉は同じ状態を長時間維持していると血行不良をおこし、コリを生じます。

目の中のピント調節をつかさどる筋肉も血行不良を起こしてコリ固まってしまうので視力が低下し始めるというわけです。

「目を酷使するというよりは、目の筋肉の運動不足で目が悪くなる」と言うのが正しい常識だと覚えて置いてください。

よって長時間PC作業しても、頻繁に視線を変えて、ピント調節の筋肉を動かしていれば、視力低下を予防できるということです。

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。